うさぎにオススメの牧草!不正咬合にならない為には?

posted in: ウサギ | 0

こんにちは、NyanTomoのヒロです。
動画のコメントなどでよく聞かれる中で結構多いのが

【うさぎに与えてる物を教えて下さい】

僕もうさぎを飼い始めの頃は何も分からなくてネット上でも情報が錯誤していたので、正しい知識を得るのに時間がかかりました。
なので、これからうさぎを飼いたいという方の助けになれば幸いです。

うさぎって犬や猫と違ってデリケートで飼育するにあたって気を付ける事がたくさんあります。
中でも、食べる物に関してはやはりうさぎの健康に最も影響する部分だと思いますので、今回は僕がうさぎに与えてる牧草を紹介したいと思います♪
これが正解という訳ではないと思いますが、動物病院の先生と相談しながら改善してきましたので、間違いではないと思っています。

牧草はどんな物を与えてるの?

ご存じの通り、うさぎの主食は牧草です。
チモシーなんて言い方もしますが、チモシーは牧草の品種の事を指します。
チモシーの他にもオーツヘイ、イタリアンライグラス、オーチャードグラス、アルファルファなど色々な牧草の種類があります。
その中でも日本に自生していてカロリーバランスが最も良く、広く流通しているチモシーが一般的だと思います。
ウチのうさぎ達もチモシーを主に食べさせてます。

(チモシー1番刈りを基準として個人的見解で記したものです)

チモシー(イネ科) 最も広く普及している牧草。栄養やカロリーのバランスが良く、時期により硬さや香りが違う為うさぎの好みに合わせやすい。
オーツヘイ(イネ科) 別名:燕麦(えんばく)、猫草としても有名。高繊維質で低カロリーなのでヘルシー食として。
※ただし、穂や種の部分は非常に高カロリーなので与える際は注意!
オーチャードグラス(イネ科) チモシーに比べて柔らかく、甘みがあるようでチモシーより好んで食べるうさぎもいるようです。
うちの竹千代や誾千代も好んでよく食べます。
イタリアンライグラス(イネ科) 高繊維質で低カロリー、低カルシウムで甘みがあり嗜好性が高い牧草。
流通が割と少なく嗜好性が強いので、手に入らない時期に悩む飼い主さんも多いようです。
おやつ感覚で与えた方が良いそうです。誾千代は食べますが竹千代は一切食べません。
アルファルファ(マメ科) 非常に栄養素高く高カロリーで嗜好性が強いので、与え過ぎには注意が必要な牧草です。
成長期の子うさぎには良いそうですが、それ以外のうさぎさんは過剰なたんぱく質の摂取によって腸炎を引き起こすケースが多いので、与える際は少量が良さそうです。

 

竹千代と誾千代が食べているチモシーは、通販限定ですが、マペットの牧草市場という牧草です。
スーパープレミアムというハイグレードな高品質な牧草なのでお手軽価格なので非常に重宝しています。
種類も豊富で1番刈り~3番刈りまで取り揃えてるので、ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか?

 

牧草の刈取り時期による違い

牧草は刈取り時期によって呼び名が変わります。

春先~初夏にかけて刈取った牧草を1番刈り
再び夏~秋に刈取られた牧草を2番刈り
初冬に刈取られた牧草を3番刈り

といいます。

刈取り時期によって硬さから栄養素までさまざまな違いがあります。

  • 1番刈り
    穂が付いていて繊維質で芯があり高く栄養素も最も豊富。まずはこれを与えてみてちゃんと食べるならコレがベスト。
  • 2番刈り
    1番刈りに比べほとんど穂が付いてなく比較的柔らかく食べやすいので、1番刈りの食いつきが悪いときに。
  • 3番刈り
    穂が付いてなく、かなり柔らかいので、生まれたてのうさぎや老うさぎの補助食品や嗜好品として。

 

まずは1番刈りを与えてみて残さずしっかり食べるのであれば無理に2番刈りや3番刈りは与えなくても良いです。
1番刈りの穂だけ食べていたり、かなり残すようであれば2番刈り、3番刈りを混ぜながら与えると良いです。
いきなり2番刈りや3番刈りに変えると、うさぎはグルメなのでそればかりしか食べないようになる恐れがあります。
基本的に1番刈りを食べてもらうように2番刈り、3番刈りは補助として与えるようにしたら良いと思います。

1番刈りを食べてもらう為にうさぎの身になって色々考えてあげてね!

牧草とうさぎの歯の関係

うさぎの歯についてです。

うさぎの歯は人間と違い、常生歯といい、一生伸び続けます。
伸び続けるので、途中で削ったり切ったりしない限り伸び続けて歯の病気になったりします。

代表的な歯の病気が不正咬合です。
不正咬合はうさぎにとって最もポピュラーで危険な病気の一つです。
歯が伸びたり噛み合わせが悪くなった事によって咀嚼(そしゃく)が出来なくなり、ものを食べることが出来なくなります。
ひどい場合は伸びた歯が舌や頬粘膜に刺さってしまうこともあります。
うさぎは常に食べ続けて胃腸を動かさなければいけない生き物なので、物を食べれないとすぐに衰弱してしまいます。

ではうさぎはどうやって伸びていく歯を削っているのでしょうか?

実はうさぎは牧草をかじって歯を削っています!

既にお気づきの方もいらっしゃると思いますが、なぜ前項で1番刈りの牧草をオススメしていたのかと言うと、栄養バランスの事も然ることながら、しっかり硬い牧草を食べて歯を削ってもらう為なのです。

ペレットなどで栄養素を補う事も非常に大事ですが、何より一番うさぎの健康を支えているのは牧草ということをしっかり覚えておきましょう!

ペットショップで見かけたりするうさぎ用のかじり木などもありますが、あれはうさぎの歯を削る目的の物とは違い、かじってストレスを解消する物のようです。
実際歯が削れる事はなく、あまりに硬い木の場合うさぎの歯に負担がかかり、逆に不正咬合の原因にもなってしまうケースが多いとの事ですので、与える際は注意しておきましょう。
うちでは安心して与えられるかじり木として比較的柔らかいパパイヤの木チップやパパイヤの葉の茎を与えています。

 

余談ですが、自然界にいるうさぎは乾燥牧草なんて食べないでしょうし、どうやって歯を削ってるんでしょうね?
実は自然界のうさぎは木の皮をかじったりして歯を削っているんだって!
一度生で見てみたいですね~

 

さいごに

では最後に牧草について簡単にまとめたいと思います。

  1. うさぎに与える牧草はチモシーが一般的
  2. チモシーの食いつきが悪ければオーチャード、オーツヘイなど別の牧草を試してあげる。
  3. イタリアンライグラスやアルファルファは嗜好品として与える方が良い。
  4. 歯の健康を保つ為、牧草は1番刈りを積極的に与える
  5. かじり木は歯の状態を悪くする物もあるので、与える際は注意が必要!

 

次回はうさぎの【ペレット編】をお送りしたいと思います。

何か質問がありましたらコメントしていただけたら嬉しいです!

ここまで読んでくれた方々、ありがとうございました♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です