うさぎのうっ滞(毛球症)の原因や予防、やるべき事など

posted in: ウサギ | 0

こんにちは、NyanTomoのヒロです。

うさぎのうっ滞(毛球症)はうさぎが患う最もポピュラーな病気です。
ポピュラーといえど、うっ滞の症状は重篤な場合が多く、最悪な場合は命を落としてしまう事も多い恐ろしい病気です。
ウチのうさぎの竹千代も3度、誾千代も1度うっ滞を患いました。

今日はそんな恐ろしい病気「うっ滞」についての原因・予防・うっ滞になってしまったうさぎに飼い主ができる事をお話ししようと思います。

うっ滞(毛球症)とはどういう病気なの?

まずはうっ滞とはどういう病気なのでしょうか?
うっ滞、別名「毛球症」とも言います。
急性胃拡張、鼓脹症、腸閉塞と言われたりもしますが、それらはうっ滞が進行して引き起こされる症状になります。

うさぎの毛球症は、グルーミング(毛づくろい)などで消化器官に入った毛が毛球化して胃腸の活動を低下させるというものです。
うさぎだけではなく、実は猫も毛球症を患ったりします。
猫を飼った事がある人は分かると思いますが、健康的な猫の場合は毛球(毛玉)を吐いて体外に排出してます。
うさぎは吐く事が出来ませんので、排泄されるまでは消化器官に留まってしまう事になります。

ただ近年の獣医学では、毛球がうっ滞を引き起こしてるのではなく、なんらかの原因で低下した消化器官の機能が原因で毛球を引き起こしているとされています。

つまり、そのなんらかの原因というものが分かれば、毛球症の対策が出来、予防することが出来ます。

うっ滞(毛球症)の原因とは?

では前項でお話した毛球症を引き起こす消化器官の機能の低下の原因ってなんなのでしょうか?

これが分かれば予防が出来るのですが、残念な事にその原因は様々です。
ストレスが原因かもしれませんし、食生活が原因かもしれませんし、別の疾患が原因かもしれません。
目に見える物でない限りはその原因の特定は獣医さんでも難しいと思います。
だから普段からいつも一緒に居て接してるあなたが一番分かるはずです!

よく考えてみて下さい。

うさぎ達のストレスになるような物を近くに置いていないか?
必要以上の物を食べさせていないか?
規則正しい食生活をおくっているか?
いつもと違う行動をしていないか?

などなど。
うさぎはちょっとしたストレスや軽い怪我なんかでも食欲低下を起こし、消化器官機能の低下を起こすと言われている程デリケートな動物です。

ウチの竹千代と誾千代が毛球症を患った時は、何が原因で引き起こしたのか必死で考えました。
そして恐らくこれらだろうとある程度原因を突き止め改善をしてからは毛球症にはなっていません。
ちなみにウチの場合の原因というのは以下の要因です。

  1. 牧草主体ではなくペレット主体で与えていたので、うさぎの腸を動かすのに必要な繊維質が足りていなかった。
  2. 質の悪い牧草やペレットを与えていた。
  3. 市販されている動物用のドライフルーツやクッキーなどのおやつを与えていた。
  4. スポンジやゴム製品など、うさぎがかじったら危険な物を置いていた。
  5. 仲が悪いうさぎ2羽をケージは別だけど同じサークル内で飼っていた。
  6. 室温・湿度管理を怠っていた。
  7. サークル外のうさんぽ(室内)をあまりさせてあげられてなかった。
  8. 衣類用消臭剤を同じ部屋で使用していた。

ほぼこれが原因だろうと思う項目が赤字になっています。

1,2の牧草ではなくペレット主体で与えていた。と、質の悪い牧草やペレットを与えていた。
僕が竹千代を飼い始めた当時は、うさぎに関しての知識が全くなく、牧草の重要性を知らなかった。
ただ食べてくれれば良いという思いで、よく食べてくれるペレットを主体で与えていました。
商品名は伏せさせて頂きますが、おそらく皆さんもホームセンターなどで見かけてるであろう物だと思います。
その結果、重篤なうっ滞(毛球症)になり、竹千代を苦しめてしまいました。
今は食改善をして、竹千代も誾千代もしっかり食べてくれる高品質の牧草とペレットを与えています。

牧草についての記事とペレットについての記事に詳しく掲載していますので、是非読んでみて下さい!

【牧草の記事】
うさぎにオススメの牧草!不正咬合にならない為には?

【ペレットの記事】
うさぎに与えるペレットの量や不正咬合との関係。牧草を食べないうさぎ用に代用ペレットの紹介も!

3の市販されている動物用のドライフルーツやクッキーなどのおやつを与えていた。
これは今は一切与えていません。
市販のドライフルーツやクッキーなどのおやつは、うさぎの嗜好性(好んで食べてくれる)の事しか考えていません。
うさぎは甘い物が大好きですが、糖度の高い物を与えると虫歯や肥満の原因にもなり、胃腸内にガスが溜まりやすくなります(鼓脹症)
手作りおやつは少量ですが与えていますが、また別の記事でご紹介したいと思います。

5の仲が悪いうさぎ2羽を同じサークルで飼っていた。
竹千代と誾千代は仲が悪いのにも関わらず、直接な接触はしないようにしてたけど、同じサークル内で飼っていました。
人間でも嫌いな人がずっと近くにいたら嫌ですよね…。
どちらかというと竹千代が誾千代を嫌っていたので、竹千代がストレスで軽いうっ滞になったのだと思います。

6の室温・湿度管理を怠っていた。
うさぎに最適な室温は20℃前後、湿度は~50%が理想とされています。
梅雨時に除湿冷房エアコンを切ったまま寝てしまい、朝起きたら室温28℃湿度72%になっていました。
慌てて除湿冷房しましたが、竹千代も誾千代もすぐに体調を崩してうっ滞とスナッフル(うさぎ風邪)を患いました。
湿度が70%を越えるとうさぎは必ず体調不良を起こすと言われていますので、日ごろの空調管理をしっかり怠らないようにしようと思います。
我が家では空調は24時間稼働し、室温18~20℃、室温50%前後を保つようにしています(電気代すごいです)

これらを改善した結果、深刻なうっ滞には1度もなっていません!

もし原因が分からないという方に少しでも参考になればと思います。

うっ滞(毛球症)の予防はどうすれば?

では、うっ滞にならない為の予防はどうしたらいいのでしょうか?

前項で説明した、うっ滞になるであろう要因を探し、改善していく事がまず大事だと思います。
ストレスを感じていないだろうか?牧草やペレットを残さずしっかり食べているだろうか?規則正しい食生活をおくってるだろうか?怪我をしてないだろうか?歯が伸びてないだろうか?
そんな要因となるものを一つずつ改善していけば、例えうっ滞の要因ではなかったとしても、うさぎさんの為になると思います。

小さな異変に気付く為にも、やはり常日頃からうさぎ達の健康チェックは欠かさないようにしないといけませんね。

うっ滞(毛球症)になってしまったうさぎに飼い主ができる事

では、うっ滞になってしまったうさぎに飼い主が出来る事はあるのでしょうか?
うっ滞になってしまったら飼い主がまずする事は

うさぎに詳しい動物病院を見つけてすぐに連れて行くこと。

これに尽きます。
うさぎに関して専門的な知識をお持ちの方を除き、飼い主がうっ滞になってしまったうさぎに出来る事はほとんどありません。
胃腸の動きを促すマッサージをすれば良いという意見もありますが、間違ったマッサージによって胃破裂や腸捻転の危険もあり、悪化する可能性もありますので、やめた方がいいです。
それよりもまず動物病院を探してあげることが第一です!
夜間の場合は遠くても夜間診療を受け付けている病院を探してあげる事。
どうしても病院が見つからない場合は、朝一番に動物病院に行けるように準備しておき、それまでうさぎさんの近くに居てあげて、時々背中をさすってあげるくらいで見守ってあげて下さい。
信頼できる飼い主さんが側にいるとうさぎも安心できると思います。
そして病院で処置して貰った後も元気になるまで側に居てあげてください。

これが飼い主が出来る事です。
少ないですが、非常に大事な事です!

病院で胃腸を動かす薬を処方してくれると思います。
それとは別に急にうっ滞になった時の為に、常備薬として家に置いておきたいと先生に言えば処方してくれると思いますので、次もしうっ滞になってしまった時の為に備えておくと良いかもしれませんね。

最後に

いかがでしたでしょうか?
うっ滞(毛球症)について少しは理解出来ましたでしょうか?

うさぎでも何の動物でも言える事ですが、おかしいと思ったらすぐに動物病院に連れていく。
これが本当に大事です。
その為にも予め付近の動物病院を調べておき、可能であれば先生の直通の電話番号も教えて貰えれば、緊急時に非常に助けになってくれます。
僕も行きつけの動物病院の先生の携帯番号を教えて貰いました。

うっ滞については以上になりますが、質問やご指摘があればコメントしていただけると助かります!
次回はうさぎに与えるサプリメントについて書こうと思います。
ここまで読んでくれた方々、ありがとうございました♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です